ホーム > 活動レポート > 都議会の一般質問で大島都議が質問

2016年6月8日

都議会の一般質問で大島都議が質問

 今日は一般質問の本会議でした。大島議員が質問に立ちました。
情報開示で手に入れたホテル三日月の支出の目的が書いていない領収書をパネルにしました。
大島議員がホテル三日月に問い合わせし、領収書がどういうことになっているか、わかりました。
1枚の紙の上部に明細が書いてあり、その下に領収書がついています。政治資金報告には、その領収書を切り取って添付し、明細書は提出していないのです。明細書があれば、何のための支出かわかってしまいますからね。
いよいよ、明日は総務委員会で知事を巡る一連の問題の集中審議をすることについて協議する理事会です。
閉会日まで、10日から14日までです。今定例会中に何度開かせるか。でも、知事の答弁が昨日や今日のように、大事なところをあいまいにしたり、調査結果と同じことを繰り返したりでは、らちがあきません。
やはり、百条委員会ではっきりさせるのが一番ではないでしょうか。

本会議終了後、知事が議長のところに来て、2つお願いがあります。ひとつは6月20日で任期満了となる副知事人事を提案したい。もうひとつは、知事の給与をカットする条例を出したい、ということでした。いくらにするのかなど具体的なことは言っていなかったとのことでした。と議会運営委員会の委員長が各会派に伝えにまわってくれました。
それにしても、給与をカットすれば、都民は納得するとでも思っているのでしょうか!!

13417562_145069062576425_8467288430464479648_n