ホーム > 活動レポート > 舛添知事の疑惑解明のため、百条委員会の設置を求める動議を生活者ネットと共同で提出

2016年6月15日

舛添知事の疑惑解明のため、百条委員会の設置を求める動議を生活者ネットと共同で提出

15日の東京都議会本会議で日本共産党都議団は、舛添要一知事の疑惑解明のため、百条委員会の設置を求める動議を生活者ネットと共同で提出しましたが、共産、生活者ネット、かがやけなどの賛成少数で否決されました。自民、公明、民進系の2会派などが反対しました。

百条委員会は、地方自治法にもとづき設置するもの。記録の提出や関係者の出頭及び証言を求め虚偽証言は罰せられるなど、強力な調査権限を持ちます。

日本共産党が提案した百条委員会は、舛添知事の(1)海外出張(2)公用車使用(3)公務、政務による講演と講演料(4)視察(5)政治資金―の状況と(6)舛添知事が依頼した弁護士による調査報告書の作成経過などについて調査するものです。

日本共産党の米倉春奈都議は趣旨説明で、「辞職することで疑惑にふたをすることは許されません。全容解明のため、証人喚問、記録の提出などの強い権限を持つ百条委員会を設置することが不可欠」と主張。多くの都民が設置を求めていることにふれ、賛同を呼びかけました。